読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうしょうがないさ

たぶん駄文

五月祭に行ってきました

日曜日にに東京大学の本郷・弥生キャンパスで行われた五月祭に行ってきました。

まず最初に頭に浮かんだことは人が多すぎってことです。ひどいところでは動くこともままなりませんでした。東京の有名大学はどこもこんな感じなんでしょうか。すごいなあ東京。

五月祭に行ったのは、ある目的があったからでした。それは、ナブラ演算子ゲームをプレイし、カードセットを購入することです。ナブラ演算子ゲームは微分積分や極限を取ったりして先に相手の関数を全て0もしくは発散させたら勝ちというゲームです。詳しいルールは公式サイトを参照してください。

nablagame.com

ナブラ演算子ゲームは東大の1サークル(でいいんですか)で作られたものであり、購入する手段は東大の学園祭に限られています。だから、五月祭に行ったのです。

日曜の午後過ぎに行ったら売り切れてしまってました。プレイ体験もできたので初対面・初心者(推定)の人とプレイしました。2戦で1時間以上溶けてとんでもない時間泥棒だと思いました。

ここからはルールを把握したことを前提として、プレイした所感を述べていきます。初心者同士のプレイだったので、経験者と違う感想だったり、セオリー外の考えだったりするおそれがあります。ご了承、ご指摘ください。

∇が大して強くなかった

プレイする前、∇は一方の全ての基底を1階微分するので強いカードだと思っていたのですが、中盤以降は三角関数や指数関数がメインになり使用しても意味のない場面ばかりでした。また、微分するのがはばかられる基底が存在した時に使用できなくなり、かさばってしまうこともありました。単純に微分で0にできる関数がxのべき乗のみなので、序盤に使ってしまうことがベターだと思いました。

sinxとcosxは同じじゃなかった

これはプレイ後の気づきです。プレイしているときは実質同じだと考えていましたが、0への極限に耐性がある分、cosxがsinxの上位互換だと気づきました。この違いを意識していくことが重要なのかもしれません。

分数関数が地味に強かった

べき乗関数がかなり弱いことは、プレイの最初のほうでわかったのですが、x^(-n)(n∈N)の形が意外と強いということがわかりました。∇や微積分のカードで退場させられないので、耐性が大幅に上昇します。1÷で作るのがよさそうです。

実際にプレイしてみると、前情報だけでは浮かんでこない戦法が浮かんできました。また、次にプレイするための戦法を考える気になりました。内部の人間ではないのでわかりませんが、次の購入のチャンスはたぶん11月の駒場祭です。その時に購入できるように朝起きたり一目散に駆け込んだりしようと思います。

新学期!!!

なんか学園物のアニメっぽいタイトルにしてみました。

4月も始まって早24日。3週間以上経ってますね。更新は1月以上サボっていました。

今期はベクトル解析、集合論微分方程式を学びます。1年次のものも微妙だったりするが…。まだ生活リズムは乱れていません。1限がないおかげで安定して少し遅めの時間に起きられるということもあります。前期散々な目に遭ったおかげで生活リズムを安定させることの重要さを身をもって実感しました。朝起きられてるだけで夜寝る時間は乱れているけど。

2年次からは数学を外国の本で学ぶという講義が始まります。持ち前の屑っぷりにより英語がクッソ苦手なので、叫びながら翻訳しています。この記事の執筆もその現実逃避としてやっています。(勉強しろ)英語わかんねー

まだ1週間ちょいしか経ってないので今期はどうなるかはわかりません。とりあえず寝ぶっちを大幅削減できるように努力したいと思います。

やっぱり三日坊主じゃないか

久しぶりの投稿です。前回が1/22なので1カ月くらいぶりですね。(途中まで書いていて放置したのでそれ以上たってますね。督促メールが届くのは初めて知りました。)それも今年が始まってまだ投稿していないからという理由で書いた短いものなんですけど。

私は飽きっぽい性格なのか始めたものをすぐにやめてしまいます。根性がないだけかもしれませんね。ゲームを始めたところで初心者を脱出したあたりでだいたい飽きてしまいます。ときたま打ち込めるものを見つけたりして、それが音ゲーだったりします。まだ中級者くらいですが。

また、このブログの文章は書きたいことと序盤の構成だけ考えて全体の構成を考えずに書いているものが多いです。記事は少ないですが。構成に詰まって下書き状態にしてそのまま放置となった記事が(これを含めて)存在します。下書き状態のものをお蔵入りさせるか世に放つのかは今後の気分次第でしょう。

また支離滅裂な記事になってしまいましたが今後は更新の頻度を挙げたいと思います。できたら毎日更新したいです。今までこういう言い方して本当に毎日することはなかったけれど。

2017

あけましておめでとうございます(激遅)

今年が始まって早3週間たちます。その間にもいろいろありました。単位落としてたり

何はともあれ今年もよろしくお願いします。今年まだ更新してないから即興で書き上げました。

2016年も終わり

2016年も終わりですね。執筆中に大晦日になりました。

年末のオタクイベント、コミックマーケットに行ってきました。旅行ジャンルで車載動画のBDや住んでるところの時刻表などを手に入れたり、きんモザ本(エロじゃない)を手に入れたりしてました。乗り換えが大変です。

さて、2017年が間近に迫っていますが、皆さんは何か目標を立てているのでしょうか。そういう私が立てていないのですが。来年は今よりもっと数学ができるようになりたいです。一応本職なので。どんな年にするのかはあなた次第です。その言葉、たぶんブーメラン。

報告です。最低でも1月7日まで更新がありません。PCを置いたまま実家に帰るだけ。

時の経ち方の話

このブログを立ち上げてからもう2週間たちます。14日。336時間。

時間の長さって不思議ですよね。退屈だったらものすごく遅いし熱中してたら速くなりますし寝てたら一瞬で数時間過ぎてしまう。時間は絶対的なもののはずなのに。

科学的なことはわからないので書きませんが、ちょっと前だと思っていたのに数年経ってたり、逆にこれ今年のことだっけ?と思ってしまうことも多々あります。あのアニメから何年、あの事件から何年みたいなことが毎年のように流れてきます。例えば、日本エレキテル連合が流行ったのはもう2年前です。記憶が正しければ。

個人的な話になりますと、私は大学1年なのです。今年の初めにはセンター試験を受けていたはずなんですよ。でも11か月前のことだとは思えないくらい前のことに思えます。苦しい経験は前のことだと思うようになっているんでしょうかね。あまり真剣になった覚えはないような気がするのですが、さすがは人生の分岐点。結構ストレスになっていたようです。そういえば受験期はなんかげっぷが出そうな感覚が続いてました。夏休みに免許を取得したのはそんな前に思えません。10月から秋学期が始まってそれで一生懸命になっていた(本当か?)煽りを食らっているのかもしれませんが。そういやクリスマスでの一挙でゆゆ式を見たんですけどそれは9カ月ぶりでした。そんな気はしてませんが。これ以上やるときりがなくなりそうなのでもうやめます。

今年ももうあと3日。100時間もありません。これを機に2016年を振り返ってみてもいいかもしれません。きっと今年とは思えない懐かしい出来事がザクザク出てきます。例えば学歴詐称の話とか。

きららMAXを読もう

皆さん、オタクしてますか?私はオタクしているらしいです。でも本職の人には勝てないですが。

この記事は、JSYS16 Advent Calendar 2016 - Adventarの19日目です。つまり発売日。よってきららMAXの記事を書きます。遅刻してすみません(全力土下座)。

きららMAXとは

きららMAXは2004年に発刊された4コマ雑誌です。所謂萌え4コマですね。毎月19日発売で、価格は333円+税です。今360円くらいですが2019年の10月からは366円くらいになると思います。

なぜMAXなのか

なぜならきんモザが掲載されているからです。それは半分でMAXがきらら系で一番勢いのある雑誌だと思うからです。あと難民を自称する人が嫌いだからです。

掲載作

雑誌の看板作品として、きんいろモザイクご注文はうさぎですか?があります。また、アニメ化されたステラのまほうがあります。

アニメ化されていない中堅どころが少なく、きらら系で鬼門とされている2巻を突破した作品はこみっくがーるずといちごの入ったソーダ水しかありません。新しい作品が多いので気に入った作品ができたときに単行本を買うのが安く済みます。

本当は一押しの作品を紹介するところでしたが、これ以上遅刻するとやばいので割愛しました。

利点

アニメ化された作品の原作を最速で読めます。月一で読めるというのは大きいことだと思います。

月に360円しかかかりません。これは某動画サイトより180円も安いです。

きんモザがある。特に小路綾ちゃんがかわいいです。

欠点

かさばる。これを読む人にとっては部屋のスペースは重要な問題です。溜まったらどうにかして追加スペースを作りましょう。

まとめ

きららMAXは月360円であんな作品やこんな作品の最新話が読めます。また、普通の難民とかとは違うというアピールもできます。金を出さずに生きる気力云々いう前にきららMAXを買いに行きましょう。

私は社員ではないです。